HISTORY 沿革

  • 1987

    少年の頃に先輩が乗っていたZ2を偶然譲り受け、そのZ2を修理するために部品取りでZ2を探すと次から次へとZ2が出てきて、譲り受けたZ2を修理しては売り、売ってはまた買っての売買を繰り返す。

  • 1988

    米国在中の日系人と親しくなり、米国からバイクや車を輸入し貿易商として屋号PRPDUCT "M" COMPANY、個人事業として創業する。

  • 1989

    本格的にバイク輸入販売業と共にVWやフェアレディーZ等のビンテージカーの輸入も始める。
    4輪の車高短やオーバーフェンダー等の改造申請車検代行を行う。

  • 1990

    二輪中古車販売の全国誌に広告を展開する。円高が加速しバイク輸入も40"コンテナにて仕入れるようになり内外価格差の大きいポルシェなどの高級スポーツカーの輸入販売も行い始める。
    店舗兼工場の建築を計画。

  • 1991

    志筑に総床面積50坪の店舗兼作業場が完成。
    AIA(日本外国自動車輸入協同組合)に加盟。ホンダNSX(米国名ACURA)新車を2台を輸入。

  • 1992

    全国誌のオートバイ雑誌で記事に取り上げられるようになり「PRPDUCT "M" COMPANY」も徐々に知名度と共に信頼性が上がってきた。

  • 1993

    カナダからボルボ850ターボエステートを大量に輸入販売。ポルシェ911ターボを同時期に6台の在庫する。 志筑の店舗が手狭になり佐野に新店舗建設を計画する。

1994

佐野社屋

  • 1994

    津名町佐野に総床面積約120坪の新築社屋が完成。斜面の土手から湧水が溢れ青い海と空、背後には緑の山、建物は風水の縁起を担いで「黄色」に決定する。 大型バイク輸入販売台数年間500台を突破。

  • 1995

    阪神淡路大震災 外国製メジャーブランドパーツの販売を強化し大量輸入を始める。志筑で中型店、佐野で大型店として2店舗体制で展開。

  • 1996

    米国からシボレーアストロ、メキシコからシボレー(タホ)等の新車を輸入。 OEM製作にてオリジナルパーツをラインアップする。

  • 1997

    アールズ、ワイセコ、ダイナテック、ダイマグ等のメジャーメーカーパーツを積極的に取り扱う。 協力工場にてオリジナルパーツの製作を開始する。

  • 1998

    資本金1千万にて株式会社ピーエムシーを設立。会計専門職を雇用し会計ソフトの導入と同時に顧客と商品管理を徹底する。P.M.Cオリジナルパーツの製作を始める。Windows95にてHPを立ち上げる。海外一流ブランド会社と順次、日本輸入販売元の正規代理店契約を締結する。PMC-Arms Racing を設立しドラッグレースに参戦し年間シリーズチャンピオンを獲得。

  • 1999

    二年連続でPMC-Arms Racingが年間シリーズチャンピオンを獲得。サーバーを設置しLANネットワークを構築する。海外OEM工場にて自社オリジナル製品を製作。アルミホイル"SWAORD"を製作販売。月刊Mr.Bike BG誌に約24ページの小冊子カタログの付録。

  • 2000

    小冊子カタログの第二弾の製作と同時に月刊ロードライダー誌の巻末に約30ページ連載広告を記載。プラスアルファー社と提携し世田谷環八沿いにミニショールームを開設。PMC-ArmsRacingが米国NHRAに参戦しベストドレッサー賞を獲得。

  • 2001

    約1千万円を投じ200ページのA4版総合カタログ12,000部を製作。東京モーターサイクルショーに初出展しメジャーメーカーを目指す。オートバイの輸入を辞めパーツ販売を主軸業務とする。

  • 2004

    東京インターマデックスに出展。翻訳ソフトの導入で海外売り上げが堅調に推移。

  • 2005

    東京国際モーターサイクルアフターパーツ産業展に出展。

  • 2006

    ニコルレーシングを通じ英国APレーシング社との共同開発による4ポットキャリパーをデリバリー。

  • 2007

    現社屋用地約450坪を取得。

2008

東京モーターサイクルショー初出展

  • 2008

    過去最高の増収増益の決算。タイ製YSS社のリアショックを取り扱う。
    現社屋の建築計画がスタート。東京プレミアムモーターサイクルショーの出展。

  • 2009

    約500万円の経費を投じ東京モーターサイクルショー2度目の出展。
    二回の増築工事を施した佐野工場の敷地面積も限界を越え志筑に新社屋の建築を計画。

2010

新社屋

  • 2010

    建築費約1億5千万円で現社屋が完成。
    約1500人を集め第一回西日本Zミーティングを開催。

  • 2013

    約400万円の経費を投じ東京モーターサイクルショー3度目の出展。

  • 2014

    Zミーティングを改め「第一回淡路島バイクフェスタ」を開催。

  • 2015

    4度目の東京モーターサイクルショーは約500万円を投じYSSブランドを擁立させる。
    全国有名量販店にて占有売り場コーナーの設置。
    YSS号鈴鹿4耐に続きもてぎ7耐の連続優勝。

  • 2016

    5度目の東京モーターサイクルショーは約600万円を投じ6ブース体制で出展。
    YSS号もて耐2年連続完全優勝後前橋にてメディアを含め関係者40名を招き祝勝会を開催する。

  • 2017

    6度目の東京モーターサイクルショーも約800万円を投じ6ブース体制で出展。
    就業規則の完成と労務体制の整備。

  • 2018

    7度目の東京モーターサイクルショーも約700万円を投じ6ブース体制で出展。
    人事評価制度と等級制度による賃金体系の整備。

  • 2019

    10度目のバイクフェスタは西日本Zミーティングと題し約4000人の来場者と共に最終回を終えた。8度目の東京モーターサイクルショーはコロナ禍により開催中止となった。

  • 2020

    第23期第一回経営指針発表会の実施。