PRODUCTS

MR-Series

リアショックアブソーバー

記事 MR-Seriesのアイキャッチ画像

DESCRIPTION- 説明 -

芸術的とも言える一体成形の削り出しボディに、アルミシリンダーを組み合わせ、大容量リザーブタンクを装備するライトウェイト”Full-Racing”モデル。

現実離れした過酷な状況でも安定した減衰力を発生し続ける事のできるレーシングモデル。リザーブタンクはフリーピストン式によりオイルを加圧し、高次元で放熱性とキャビテーション抑制能力を併せ持つ。減衰力の圧側2系統、伸び側1系統、スプリングプリロード、車高、全ての調整機構を装備。サスペンションが伸びきる時の衝撃を緩和するトップアウトにはスプリング方式を採用し、ストローク初期のフィーリングを向上。

PRICE / SPEC- 価格/仕様 -

MR456 定価 / ¥200,000

■ピストン径:φ45mm ■スピンドルロッド:φ16mm
レーシングユースを念頭に設計し、現実離れした過酷な状況をも克服する大容量・高剛性なビッグボディです。

※ 車両により車高調整は装備不可となる場合が御座います。

DETAIL- 詳細 -

一体成型ボディ

一体成型ボディとする事で、ストローク時に流れるオイル通路を最適化させ余分な減衰抵抗を軽減し、ピストンから発生する純粋な減衰力をライダーへと伝えます。

コンプレッション 減衰力調整機能(縮み)

ダンピング時の縮む速度を高速と低速の2段階に調整できる2スピードコンプレッションを搭載し、それぞれ30段階と幅広く調整可能。

フリーピストン&油圧式プリロード

[ フリーピストン ]
フリーピストン方式によりオイルを加圧。 ピストン本体にはフリクションロスが極めて少ないテフロンバンドを採用しており、 スムースな作動により高い次元でキャビテーションを抑制します。

[ 油圧式プリロード ]
プリロードの操作には油圧式を採用。 限られた時間の中で正確にセッティングを変更することが可能です。

車高調整機能

走行環境に応じて自由長を調整出来る車高調整機能を搭載しています。 調整幅は最大+10mm。

リバウンド 減衰力調整機能(伸び)

ダンピング時の「伸び」の速さをコントロールする減衰力調整機能を搭載し、調整範囲は30段と幅広い調整が可能です。

ベアリングマウント 標準装備

ハウジング摺動面にオイルレスメタルを採用した最高級のロッドエンドベアリングを標準装備。